日東工業株式会社
Nitto Industry Co.,Ltd.

 社長 小松の経営日誌

   

14年05月25日 (Sunday)       潮目の変化


 最近の世の中に、潮目の変化を顕著に感じます。1ドル80円を超える円高から100円台になった為替相場。デフレ経済から脱却の兆し。私としては必ずしもこの流れを全て良しとするわけではないのですが、日本経済総体としては、ここまではまあ良かったとするべき現象でしょう。
 しかし、あきらかに好ましくない社会的現象も増えています。あちらこちらで勃発する国際紛争、もしくは同一国での民族対立がその筆頭。これらを一時的な突発事項と見るのか、より長いスパンの社会的変化として捕えるべきかによって重要度が変わってきます。私はこれも時代の潮目の変化として、真剣に考える類のものだと思います。
 20世紀末からコンピュータの普及、それに伴うネット社会の広がりが見られ、人と人、国と国との結びつきを急速に強めていきました。さらに金融技術が進化して、資本も、市場も、労働力も、自由に国際間移動が可能な世界が出来上がってきたのです。我が社もこの時期、1995年に初めて中国に工場を作りました。私も当然良しとした行動ですし、国際社会としても良い流れの中にあったと思います。フラットな社会という言葉が使われたように、世界の辺境まで工場が進出し、より多くの人、国に工業化へのチャンスを与え、先進国の消費者は今までと同じものをより安い値段で買えるようになったわけです。
 ところが21世紀に入り、弊害も目立ってきました。旧態依然とした低賃金で働かせられる労働者が、貧富格差の広がりに不満の声を出します。またそれぞれの地域で保たれていた宗教的考えや倫理を、無理やり資本主義の単一的ルールで推し進めていこうとした強引さがひずみを生みます。さまざまなマイナス要因が積み重なり、現在みられる紛争の種になっていったのだと感じます。
 辺境には辺境で、貧しいながらも落ち着いた満足感があったはずです。そこに資本主義の考えがブルドーザーのごとく乱入してきた。短期的には雇用の場ができ、所得も増えるから良い流れに見えました。だがGDPで図るのではなく、幸福という尺度で見たら、それは本当に良いことだったのだろうか?あるときそうではないと気づいたとしても、もう元の落ち着いた閉鎖社会には簡単には戻れません。いったん開けたパンドラの箱のもとでは、もっと所得を上げなければいけない、もっと広く雇用拡大がなければならないという考えが固定され、物事はそれに沿って動きます。一般の人は、自分よりあいつが多く稼いでいるのはけしからんという妬みの感情が出てきます。指導的役割の人には、将来の発展のために資源確保をしておかなければならない。領土を拡大しておかなければいけないという欲も出てきます。良かれと思われた流れも、ある地点を過ぎるとマイナス面が目立つようになり、だんだんそれが大きく蓄積されていくわけです。お金の面でそのマイナス面がマグマのように溜まり、そして爆発したのがリーマンショックとそれに続く世界的金融不況でした。
 足元、日本経済は好調なようです。しかし、その根底にあるより大きな流れについて、本当にこれでよいのだろうか、また爆発してしまわないだろうかと考えてみることも必要なタイミングだと感じています。